top > ウィッグ情報 > 昔はかつら、今はウィッグといいます

昔はかつら、今はウィッグといいます

ウィッグと言うのは、昔からあります、かつらの事を言います。
昔は、ほとんど化繊で作られており、製造技術も今ほど優れていなかった事もあり、独特な光を放って、馴染みも悪かったようです。
昨今の製造技術は進化しており、化繊に人工キューティクルを採用して、人毛に近い感触になっているようです。
その為、独特な光を放つ事も無く、とても自然に馴染むように仕上がっているように思われます。
主に、女性が愛用していたと思われますウィッグですが、最近では、男性にも需要があるようです。
やはり、美意識が高まってきている証拠だと考えます。
そして、昨今一番人気があり、良く売れているのは、部分ピースと言った、ウィッグのようです。
必要な所に装着する、コンパクトなタイプに人気があるようです。
現代はファッション感覚で使用される方も増えて居るようで巣。



ファッションでウィッグを購入する

最近ではウィッグをファッションに取り入れている人も少なくありません。
ウィッグのイメージは頭髪に悩みのある人が装着するものですが実際にはそうではなく日々のヘアスタイルをアレンジするかのように使用されています。
ヘアスタイルが決まらない日でもいくつか所持しておくと日替わりで装着することが可能です。
ロングヘアやショートヘア、ボブスタイルなど色々なものがあります。
値段は本格的なものになる程高くなります。
しかし、高価なものほど長持ちしますし不自然な感じがありません。
髪質も良いものが手に入ります。
特に室にこだわらなくて短期間で使用するだけであればバラエティショップなどにもたくさん売られています。
安価なものであれば気兼ねなく使うこともできます。
高価なものであれば購入する前にしっかりと試着をして自分に合うかどうかを確かめてから購入した方が長く使えます。



ウィッグなら様々なヘアスタイルが楽しめる

ヘアスタイルを変えると雰囲気が大きく変わるため、イメージチェンジをしたいときに最適です。
でも、短い髪は急に伸びてくれませんし、長い髪を簡単にカットすることに抵抗を感じる女性は多いのではないでしょうか。
そこで上手に取り入れたいのがウィッグです。
フルタイプとハーフタイプがあり、それぞれにメリットがあります。
たとえば、フルタイプは全体にかぶるタイプなので、一瞬にして髪の長さやカラーを変えることができます。
ハーフタイプは地毛にアクセントとして部分的に利用するタイプです。
たとえば、ショートヘアに取りつければ、少し長めの髪に見せることができます。
また、ウィッグを持っていれば、根元の白髪が目立ち始めたときや、寝癖が気になるときにも役立ちます。
手間をかけることなく白髪や寝癖がカバーできますし、同時にイメージチェンジも手軽にできるので、お気に入りを一つ持っていると役立ちます。

次の記事へ
 

PAGE TOP