top > ウィッグ情報 > ウィッグを購入して前向きに治療を受けたい

ウィッグを購入して前向きに治療を受けたい

自己免疫疾患のひとつの円形脱毛症で悩んでいる人や、病気療養中で抜け毛や薄毛が気になっている人も多いです。
大切な頭髪が抜けてしまうと、精神的なダメージが大きいですが、医療用ウィッグを装着することで、前向きに治療が受けられます。
お肌が弱くデリケートな人が多いですが、通常のお洒落用の商品に比べると、お肌に刺激が少なく、通気性に優れているので、長時間着用していても蒸れにくいのが特徴です。
医療用ウィッグはショートヘアやミディアム、ロングヘアなど豊富なスタイルが揃っているので、お洒落を楽しめるようになります。
なるべくナチュラルな印象になりたい人は、購入後にヘアカットなどもしてもらえます。
人毛100パーセントの商品は、とても自然でナチュラルな印象なので、幅広い年代の人に高い人気があります。
試着をさせてもらい、顔立ちに合った商品を選びましょう。



おしゃれや急な外出などウィッグは重宝します

ウィッグを持っていると何かと便利です。
おしゃれの幅が広がることはもちろんのこと、外出時の身支度が短縮されるメリットもあります。
おしゃれに使う場合は幾つか持っている方が使いこなしやすく、髪の長さやヘアカラーの有無など服装によって使い分ける方がバランスが良くなります。
身支度の短縮は急なお出掛けなど、かぶるだけで髪型を整えたことになるので助かります。
自然に見せるポイントはウィッグの髪質で、人毛に越したことはないですがヘアカラーが施されている場合は人工毛でも目立たないものがあります。
頭の大きさや形に合うものもポイントで、肌との境目も要チェックでご自身の肌質や肌色に近いものを選ぶのがベストです。
また、内部は蒸れにくいものを選ぶようにします。
お手入れは大切で、髪の絡まりを防いだりカビなど雑菌の繁殖を防ぐようにし、保管場所は高温多湿となる場所を避けます。
お手入れや保管次第でかなり長く良い状態で利用出来るウィッグが少なくないです。



様々なウィッグをチェックしてみる

薄毛を隠すためにウィッグを使う人もいます。
しかし中には医療用のものを使っている人もいます。
抗がん剤の副作用で髪が抜けてしまい、周囲の視線が気になってしまう、という人のためのものであり、やや費用がかさんでしまいます。
自分のオリジナルのものを依頼することも出来ますが、副作用が落ち着いて髪が生えてきた時には不要になってしまいます。
そのために今はレンタルをすることが出来る場合があります。
医療機関を連携をしていることもあるので、まずは医療機関に相談をしてみるとよいでしょう。
髪の長さや色に関しても選ぶことが出来るようになっているので、自分の希望に沿うものを見つけてみるとよいでしょう。
定期的にメンテナンスを受けることにより、長く使うことが出来ることがあります。
自分で出来るお手入れ方法に関しても確認をするとよいでしょう。

次の記事へ
 

PAGE TOP